オフセット印刷

オフセット印刷

オフセット印刷とは?

オフセット印刷は水と油(インキ)が混ざり合わない性質を利用して、版にインキが乗る部分と乗らない部分を形成させて、ブランケットを介して文字やデザインを転写する方法です。
インキの盛りが薄い為に、耐候性が劣りますが、精細な印刷が可能であり量産時にはコストメリットを発揮します。
当社では、主にユポ紙へのUV印刷など、量産対応として使用しております。

特徴

  • 細かいデザイン、小さな文字、細かいラインなど印刷精度
  • 量産時のコストメリット

製作事例

※ 写真をクリックすると拡大画像が表示されます。

ページの先頭へ